ニオイは、見える。

VISION

ニオイの情報化で
人と自然を繋ぎ、
幸せにする

原理は鼻と同じ。
センサーがニオイをデジタルデータ化。
これまで人の感覚でしか判断できなかったあらゆるニオイが、目で見えるようになりました。
例えば、スマートフォンに「aroma bit」が搭載されれば、あなたがいま食べているおいしい料理を、ニオイもいっしょにSNSに投稿できる。
例えば、香水に「aroma bit」をかざせば、あなたが遠く離れた場所にいても、そのニオイを知ることができる。
ニオイが見える世界には、まだ見ぬ可能性が広がっています。

TECHNOLOGY

アロマビットのニオイセンサーは、人や動物の鼻が匂いをかぐ仕組みを模倣したe-Noseと呼ばれるタイプのセンサーです。これは多数のセンサー素子からなるマルチアレイセンサーで、素子の表面には各々異なる弊社開発の「ニオイ吸着膜」が塗布されています。
このニオイ吸着膜はそれぞれ表面の吸着特性が異なっており、不特定多数の化学物質の複合体としてのニオイごとに、特有の応答パターンとして数値データ化することが可能となります。原理的には、よく似たニオイ同士の応答パターンは似たものになることが知られており、これによりニオイのデータベース化および判定などを行うことができます。

VIEW MORE

センサー表面に化学物質が吸着したという情報を検知するためのセンサー素子としては、QCM(水晶振動子)型とCMOS型、二種類のトランスデューサーを用いたものを商品化しています。
水晶振動子型である5Q-SSM(QCM)は、ニオイ分子が膜表面に吸脱着して起こる質量変化を、水晶振動子の共振周波数の変化として検知。膜ごとの周波数変化値を計測します。
CMOS型である5C-SSM*はQCM型より小型で検知原理が異なり、センサー表面における電荷量の変化を検知。CMOSセンサー自体に備わっている、表面に電荷を貯める機能を応用し、膜にニオイ分子が吸脱着することで起こる電荷量の増減を用いて、数値データへと変換します。
(*CMOS型は子会社アロマビットシリコンセンサテクノロジー社が取扱)

アロマビットのニオイセンサーは従来のガスセンサーと異なり、複合臭の検知が可能です。5Q-SSM(QCM)、5C-SSM(CMOS)ともに繰り返し利用可能。
ニオイにかかわる様々な場面でご活用いただけるセンサーです。

PRODUCTS &
DATA SOLUTION

アロマビットは
小型ニオイイメージングセンサーとデータ・ソリューションからなる
世界最先端のデジタル嗅覚ソリューションをご提供します。

PRODUCTS

ニオイ可視化センサー

お客様の自社製品に、ニオイセンサー機能を付与できる組込型センサーモジュール
(QCM型/CMOS型)

5Q-SSM (QCM)

QCM(水晶振動子)型。ニオイ分子が膜表面に吸脱着して起こる質量変化を、水晶振動子の共振周波数の変化として検知。膜ごとの周波数変化値を計測し、数値データへと変換します。

5C-SSM (CMOS)

CMOS型*。CMOSセンサー自体に備わっている、表面に電荷を貯める機能を応用し、膜にニオイ分子が吸脱着することで起こる電荷量の増減を用いて、数値データへと変換します。
*子会社アロマビットシリコンセンサテクノロジー[ABSST]取扱製品.

ニオイ測定分析機器

アロマビットの高性能ニオイ可視化センサーを搭載した高性能なニオイ測定分析機器です。

Aroma Coder®V2 Plus 一式

高ニオイ解像度、高感度のデスクトップ型ニオイ測定分析装置。40種類のニオイ受容体膜を搭載した水晶振動子型ニオイ可視化センサーを搭載。複合的なニオイサンプルの高ニオイ解像度、高感度で、かつ、安定的で高い再現性なニオイ測定が可能。食品・農業、日用品、コスメその他産業向けの品質管理や製品開発、研究等にご利用いただけます。
*CE認証取得済み製品。

DATA SOLUTION

ニオイ可視化センサーから取得したデジタルニオイデータを用いた、ニオイデータソリューション。

受託測定・分析サービス

お客様のニオイサンプルをアロマビットが、ニオイセンサーで測定し、データと分析・解析レポートをご提供。
*Aroma Coder®V2 Plus 一式による測定。
*ご提供データにはいくつか種類がございますので、詳細はご案内ページにてご確認ください。

Aromalyzer®

分析・解析機能を搭載したサブスク型ニオイデータベース構築エンジン。ニオイ可視化センサーから取得したデータをクラウド上に保存。データの分析や解析、ならびに、お客様独自のニオイデータベース構築が可能。